ふるさと納税 さとふる
利用意向NO1!ふるさと納税

ふるさと納税やり方

ここでは、ふるさと納税サイト「さとふる」に登録して、寄付するまでのやり方をのせています。

うちの場合控除をうけるのは夫になります。なので、私が登録して私名義のクレジットで申し込んではマズイのでは?とおもいつきました。

Q&Aではわからなかったので、ふるさと納税のサイトにお問い合わせ電話できいてみました。ちゃんと電話もあるんで安心ですね。

オペレータの人が親切に教えてくれました。やっぱりサイト登録とクレジットカードは本人でないとダメ。あとで気が付きましたが、申し込むときの画面にも表示されていました。というわけで、週末までまって夫にふるさと納税の話してから二人で申し込みです。

それにしても返礼品っていっぱいあるんですね!

今回は1万円寄付をして米をもらう!と決めていたのですが、あまりにたくさんあったので、特集ページからはいって、地方は九州にしました。


ちょうど10月で新米の時期なんですが、北の地方だと収穫してから送ってくるかもしれないと思ったのです。九州なら稲刈り済んでいますから。1万円で15㎏というのもあったのですが、あまり欲張って古くなると味がおちるし、サイトにもなるべく1カ月以内で食べきるほうがいいと書いてあったので、こちらにしました。

申し込むと寄付金の使い道が指定できるようですが、今回は「市長におまかせ」にしました。

 

棚田のお米って食べたことないし。来るのが楽しみです♪
無事に手続き完了です。今後もふるさと納税を利用しようと思うのでサイトにも登録しました。

 

ふるさと納税には確定申告なしで税金が戻ってくる仕組みがあります。ワンストップ特例制度というものです。
詳しくは、こちらの記事にまとめましたので、よろしかったらどうぞ。→ふるさと納税ワンストップ

また、控除されるといってもその時期がちょっと複雑です。そちらはこっちにまとめました。→ふるさと納税 控除

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

プロフィール

運営者のヨウコと申します。ふるさと納税は、ママ友からの口コミで知りました。意味を理解すると、ほんとやらないのがもったいない!って思えるようになりました。主に還元率の高い米などを返礼品にもらって家計の足しにしています。ふるさと納税があってよかった~。

私が使ったサイトです。
電話対応が親切でした。
 

プロジェクトやイベントからふるさと納税ができるサイトです。

 

家電やパソコンなどの返礼品が多いサイトです。

 

ポイントでもらうと、すぐに使わなくてもいいですよね。​便利かも!

このサイトだけの限定を検索できます。

 

© 2018 ふるさと納税 rss