ふるさと納税 さとふる
利用意向NO1!ふるさと納税

ふるさと納税 確定申告

ふるさと納税のハードル高く感じるのは、確定申告しないといけないこと。

もし、そう感じているなら、これまであまり確定申告したことない人だと思います。「毎年医療費控除でやっているわ~」なんて人は、ふるさと納税の分が増えても、寄付控除のところに記入するだけなので楽勝だと思うからです。

あまり確定申告したことがない人におすすめの方法は、国税庁のe-Taxを使うことです。e-Taxの「申告書等作成コーナー」の案内に従って、記入していくのが一番楽だと思います。申告するのがふるさと納税だけなら、用意するのは「源泉徴収票」と自治体から届いている「寄付控除証明書」、還付金をうけとるための銀行口座の情報だけです。ちなみにふるさと納税は寄付控除の項目に書きます。

ですが、完全にe-Taxを使うわけではありません。そうするにはマイナンバーカードを発行してもらったり、ICカードリーダーを購入したりとハードルが高いのです。

では、どうするかというと、記入だけe-Taxで行い、確定申告書を印刷したのち、郵送で税務署に送る方法をとります。あるいは自分で税務署や確定申告受付会場にもっていってもいいです。

e-Taxのシステムを使った方が書き間違い、計算間違いがないので安心です。注意点としては、印刷した書類に、寄付先の自治体から届いた控除証明書を貼り付ける必要がありますので、忘れないようにしましょう。

完全にe-Taxをつかって申告まですると、この証明書の貼り付けは省略できるのですが、そのためには、前に書いたようにマイナンバーカードなどの準備が必要になってきます。

もっとも、一度e-Taxの用意をしてしまえば、翌年からずっと使えますので、チャレンジしてみる価値はあると思いますけど。
そういった準備がない場合、一番お手軽なのは上記のようにして、記入はe-Taxを使い、提出は郵送という方法です。

確定申告がハードルになって、せっかくのお得な制度が使えないともったいないので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。一度やってみると「これだけでいいんだ」って思うと思いますよ~。

ふるさと納税サイトで寄付上限のシュミレーションをする → 控除シミュレーション

最後に、確定申告のハードルが高いと思っている人におすすめなのが、ワンストップ特例制度です。
この制度を使うと、なんと確定申告しなくても控除がうけられます!

ワンストップ特例を使うには条件があるのですが、そのうちの一つが、ふるさと納税の他に確定申告する理由がないことなんです!
ということは、確定申告のハードルが高いと思っている、確定申告したことないあなたは、まさに対象者なんです!

便利でお得なワンストップ特例でふるさと納税を利用できるチャンスですよ~。

ワンストップ特例の条件など詳しくはこちら → ふるさと納税 ワンストップ特例

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

プロフィール

運営者のヨウコと申します。ふるさと納税は、ママ友からの口コミで知りました。意味を理解すると、ほんとやらないのがもったいない!って思えるようになりました。主に還元率の高い米などを返礼品にもらって家計の足しにしています。ふるさと納税があってよかった~。

私が使ったサイトです。
電話対応が親切でした。
 

プロジェクトやイベントからふるさと納税ができるサイトです。

 

家電やパソコンなどの返礼品が多いサイトです。

 

ポイントでもらうと、すぐに使わなくてもいいですよね。​便利かも!

このサイトだけの限定を検索できます。

 

© 2018 ふるさと納税 rss