ふるさと納税専門サイト「ふるなび」
ふるなび

ふるさと納税 ふるなび

ふるさと納税サイトはたくさんありますが、今回は「ふるなび」のご紹介をしたいと思います。かなり個性的なサイトなんですよ。運営は東証一部上場企業の株式会社アイモバイルです。

 

ふるなびの特徴は、なんといっても掲載している自治体が厳選されていることです。どう厳選するかというと、ふるなびのスタッフが自治体をまわっているのだそうです。なので、ふるさと納税に積極的な自治体が多く、結果として「おお!これはお得!とか、これは他のサイトにはないなあ」と思うような返礼品が多いです。

ふるさと納税の返礼品というと肉やお米を思い浮かべますが、ふるなびは、家電やギフト券、旅行券などがあるのが特徴です。ギフト券の還元率は高めです。しかし、総務省がこれらの返礼品を認めない方向で検討しているので、いずれなくなってしまうかもしれません。寂しいですね。

また、期間限定の企画ですが、寄付金額の1%をAmazonギフト券でもらえるキャンペーンをやることがあります。2018年12月には、これが2%~11%に拡大されていました!この時期に寄付する人がうらやましいです!

ふるなびのサイトでキャンペーンを確認する → ふるなび

 

さて、メリットをたくさん書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。一番口コミでデメリットとしてあげられているのが決済方法についてです。

ふるなびでは、クレジットカード郵便振替銀行振り込みで決済できるのですが、クレジットカードで決済する場合は、「Yahoo!公金支払い」を使います。

これはYahoo!が全国の自治体と提携して行っているサービスで、自動車税や固定資産税、水道料などの支払いができるサービスです。支払いの種類によっては、手数料がかかります。ですがふるさと納税は手数料無料です。よかったです♪

いますぐ、ふるなびのサイトを見る方はこちら → ふるなび

「ふるなび」でクレジットカード決済を選ぶとYahoo!公金支払いにとぶので、心配になる人が多いようです。
しかし、Yahoo!公金支払いは何年も前からある自治体への支払いサービスなので心配いりません。もしYahoo!IDなどをもっていなければ、作ることもできます。

注意点は、Yahoo!IDを作るときは寄付する本人の名義で作り、使うクレジットカードも寄付する人の名義のものにしましょう。そうしないと税の優遇措置がうけられない可能性があります
たまに家族のYahoo!IDで決済してしまう人がいるらしく、Yahoo!の質問に、そういうときは自治体に相談するようにとなっていました。

Yahoo!公金支払いを使うと、Tポイントが貯まります。また支払いにTポイントを使うことができます。期間限定のTポイントも使えるのが地味にうれしいですね。

ふるなびのサイトで返礼品をみる → ふるなび

まとめると

 ・ふるなびは、他のサイトにない家電やギフト券がある。還元率も高い。

 ・寄付金額の1%をAmazonギフト券でもらえるキャンペーンをやるときがある。

 ・クレジットカード決済にYahoo!公金支払いを使っている。Tポイントがもらえる&使える。

このようになります。

 

まずは、ふるなびのサイトで個性的な返礼品をみてみてください!きっと使ってみたくなりますよ♪

いますぐ、ふるなびのサイトを見る方はこちら → ふるなび

 

プロフィール

運営者のヨウコと申します。ふるさと納税は、ママ友からの口コミで知りました。意味を理解すると、ほんとやらないのがもったいない!って思えるようになりました。主に還元率の高い米などを返礼品にもらって家計の足しにしています。ふるさと納税があってよかった~。

私が使ったサイトです。
電話対応が親切でした。
 

プロジェクトやイベントからふるさと納税ができるサイトです。

 

家電やパソコンなどの返礼品が多いサイトです。

 

ポイントでもらうと、すぐに使わなくてもいいですよね。​便利かも!

このサイトだけの限定を検索できます。

 

© 2019 ふるさと納税 rss